ホーム » おまとめローン » おまとめローンは総量規制とは無縁である

おまとめローンは総量規制とは無縁である

おまとめローンは、複数ある借金をひとつにまとめるという特性上、借りる金額が高額になりがちです。そのため、おまとめローンを考えている方の中にはある不安を抱くことがあるかもしれません。その不安とは、総量規制が適応されるか、というものです。

総量規制とは、年収の3分の1までの借り入れしかできないという、賃金業法に基づく規制です。利用者の借り過ぎを防ぐ目的で定められたものですが、年収によっては大きな金額が借りられないというデメリットがあります。この規制が適応されるのは消費者金融やクレジット会社、信販会社で、銀行は対象から外されています。そのため、銀行でお金を借りるときは年収の3分の1以上でも借り入れが可能になるわけです。

それならば銀行でおまとめすればいいという結論に達するかと思います。実際、銀行はおまとめローンを提供しているところが多く、金利の面でも非常に有利です。しかし、よくよく調べてみると消費者金融でもおまとめローンを提供しているところがいくつかあることに気付かれるでしょう。融資できる金額が制限されている消費者金融で、問題なくおまとめローンが提供されているのはなぜでしょうか?

実はおまとめローンそのものが総量規制の対象外になっているのです。総量規制には、「例外」と「除外」というカテゴリーが設定されており、おまとめローンは「顧客が一方的に有利になる貸し付け」であるため「例外」に分類されてます。そのため、消費者金融の商品であっても総量規制が適応されず、年収の3分の1以上の貸し付けを行なうことができるのです。また、おまとめローンとして明言されていない消費者金融のキャッシングでも、おまとめ目的で利用する場合は「例外」が適応されるケースもありますが、確実とはいえないので正規のおまとめローンを申し込んだほうが良いでしょう。

総量規制が適応されないとしても、各金融会社の基準、現在の借入状況、返済能力次第では融資を制限されてしまい、全てをまとめることができないこともあります。おまとめローンはあくまで「例外」であるため、返済能力がないと判断されれば融資を断られることも往々にしてあるので、過信しないように気をつけましょう。